• 十三代柿右衛門陶板掛軸買取りました 骨董品買取の福岡玄燈舎
    福岡市南区の高宮で有田焼や伊万里焼の出張買取を行いました。写真の作品は十三代柿右衛門さんの陶板掛軸鶉文様です。小さな陶板ですが余白の乳白がとてもきれいな磁器です。柿右衛門さんの器や花瓶はとても有名ですがこの掛軸になるとあまり知られていない古美術品の一つです。陶板とは18世紀半ばにヨーロッパで生まれた技法で、絵画(油絵)や壁画とは異なり、色調の経年劣化が少ないことが特徴で、維持管理も容易である。屋外に...
  • 鉄瓶買取りました 茶道具買取福岡
    先日はお茶のお稽古で使用していた茶道具を売りたいとの事で福岡市城南区に出張買取に出かけました。風炉や鉄瓶、茶入れ茶杓や掛軸、茶碗など段ボール15箱の大量の買取でした。その茶道具の中でも少し変わった鉄瓶を紹介いたします。外側は緑色の鉄瓶で中には漆の様な物が塗られている鉄瓶です。この鉄瓶は岩鋳さんの鉄瓶です。岩鋳の伝統工芸士がつくる鉄瓶は、外側には天然うるしの焼付塗装をほどこし、内側には伝統技法の釜焼...
  • 煎茶道具入れの提籠買取りました
    茶道具の鑑定買取で良く見かけます提げ籠ですが今回は福岡市で煤竹の上質な提げ籠買取りました。この籠は早川尚古斎の煤竹 提手籠です。 早川尚古斎は、江戸時代末期から一子相伝で竹工芸技法を伝えてきた早川家の当主が代々襲名する名称で、5代続いています。その工房は京都市北区にある下鴨神社近くにあり、高い竹工芸技術が伝わってきました。 「竹割10年」と言われるほど、良い竹ひご(材料)を準備する作業はとても難しく、地...
  • 古い掛軸大量に買取りました 骨董品買取福岡玄燈舎
    骨董屋の世界では書画骨董…とやはり書や掛軸が一番格式が高くとんでもないお値段のお宝は道具よりも書画の方に軍配が上がります。今回の骨董美術品鑑定はそんな掛軸のコレクターよりお電話いただき掛軸を査定、買取りさせて頂きました。下の写真が戦利品です。掛軸(かけじく)とは、書や東洋画などを掛けて鑑賞できるように表装したもので、下端に装着した軸木に巻きつけて保管する。書画などの周囲に表装裂(きれ)や紙を配し、...

プロフィール

8f9p6dlyibyx

福岡での骨董品や美術品の買取、鑑定はお任せ下さい。骨董品 古美術品 アンティーク 着物 茶道具 書道具 玩具 古本 楽器 切手 武具 昭和レトロなどの出張鑑定買取。福岡久留米北九州 糟屋 宗像 古賀 太宰府 筑紫野 春日市他無料出張鑑定致します。ホームページはコチラです。