• 【書道具の買取/福岡県・骨董品】
    「書苑」買取りました/福岡県福岡市・書道具… 福岡市南区にて書道具を買取致しました。「書苑」や硯、墨など多数お預かりいたしました。書苑は中国書家の写した作品などが多数掲載されており当時の定価では高価な作品例書物のひとつです。法書会は、日本の書道の発展向上を期して明治44年に毎月一回『書苑』と題する書道専門の冊子を発行することをもって始まったそうです。当時超一流の学者、名士からなり、事業主は西東書房創業...
  • 【胡開文の墨/福岡・骨董品買取】
    墨の買取/福岡・骨董品… 福岡市博多区にて墨や硯、和紙など買取させて頂きました。端渓硯や胡開文の墨も沢山あり高価買取させて頂きました。ありがとうございました。割れや欠けもなく箱もありとても状態の良い墨でした。胡開文は、徽州の胡天注が清の乾隆30年(1756年)に創業した墨店で墨のブランドとして有名です。休城(安徽省休寧県)、屯鎮、上海、北京などに一族で分店を出し展開していたようです。墨はもちろん筆もそれぞ...
  • 【李朝の書道具買取/福岡・骨董品】
    先日は福岡市城南区の書道家のお宅よりとても古い李朝の水滴や書、掛軸をお預かりいたしました。「李朝」とは、李氏朝鮮を略した名称であり、正しくは朝鮮国または朝鮮王朝と言います。1392年に高麗の武将李成桂太祖が興し、1910年まで500余年に渡り続きました。日本で言えば、室町時代から、安土桃山・江戸を経て、明治の終わり頃まで続いたことになります。朝鮮王朝時代の手仕事の品々、つまり「李朝」は、王朝が奨励した儒教の...
  • 【吉祥墨買取】
    福岡の骨董買取専門店 玄燈舎です。先日は福岡県福岡市博多区にて書道具や茶道具の出張買取をさせて頂きました。印材や茶碗や掛軸、墨や硯、掛時計など結構な品数を買取り致しました。下の写真はその買取品の一つで南松園の「吉祥墨」です。未使用品ですが長期保存のため白い汚れがありますが使用には差し付けありません。 『日本書紀』に 「推古天皇18年(610年) の春3月 高麗の王は僧 曇微(飛鳥時代の高句麗の僧侶) と法定...
  • 【水滴買取】
    骨董品の買取の福岡玄燈舎です。書家さんのお宅へお邪魔致しました。福岡県前原に骨董品買取の査定に伺いました。硯や筆、墨や印材など40点の買取をさせて頂きました。写真はその一つで朝鮮の李朝水滴でした。とても古く200年ほど前の物でした。 水滴は、硯やそれを飾る硯屏などともに、毛筆の文化圏においては重要な道具のひとつとされてきました。 中国では5~6世紀の南北朝時代のものが最も古い水滴として知られ、日本では奈...

プロフィール

8f9p6dlyibyx

福岡での骨董品や美術品の買取、鑑定はお任せ下さい。骨董品 古美術品 アンティーク 着物 茶道具 書道具 玩具 古本 楽器 切手 武具 昭和レトロなどの出張鑑定買取。福岡久留米北九州 糟屋 宗像 古賀 太宰府 筑紫野 春日市他無料出張鑑定致します。ホームページはコチラです。